2006年04月04日

熊本映画館事情。。

三月に閉館した熊本市新市街の映画館「熊本シネラックス」を経営するシネラックス(力武一博社長)は三日までに、熊本地裁に自己破産を申し立てた。
 同館は郊外型のシネマコンプレックス(複合映画館=シネコン)の相次ぐ進出で観客の減少が続き、三月六日に閉館、自己破産の申し立てを検討していた。
byくまにち

「熊本シネラックス」は学生の頃よく行ったもんでしたが、ダイアモンドシティが出来てからはやはり遠ざかってましたね。このワタシも。
映画はワタシも好きで月1ペースで行くんですが、映画代1800円+駐車場代+ポップコーン&ダイエットコーラときたらやはりバカになんない。
で駐車場代タダの郊外へ・・・と。
映画との出会いはかなり古く5〜6歳かな?漫画祭りではなくてデビューはいきなりホラー。泣きました(T-T)思春期にはアイドル映画を見てた時もありましたが、今は映画評論家になってしまった先生との出会いもあり幅広く見れるようになりました。

映画代がどこでも一律1800円はナゼなんでしょうか?サービスの一貫としてモーニングショーやらレイトショーで安くなる時もあるけど、1日以外は安く出来ないんですかね?
確かに配給会社や映画館の事情もあるでしょうが、足がなかなか向かなくなる原因。しかも最近の洋画ときたらすぐにDVD出ちゃうし、まぁいっか。。なんて思っちゃうんですよね。
でもやっぱ大型スクリーンで見る感動は最高。(駄作だと超ガッカリしますが。。)なんとかなんないのかな?

posted by よこきち at 23:10| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16142950
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。